お酒を飲んで起こる【頭痛】の対処方法

『ちょっと昨日は飲みすぎたかな・・・』と頭が痛い時の対策とメカニズムをしじみ猫が解説!

頭痛

 

しじみ猫

 

お酒を大量に飲んだ次の日の朝に『あー頭ガンガンする・・・』と二日酔いに悩まされた人、もしくはいつも悩んでいる人は結構多いはず。

 

そもそも、どうして二日酔いは起きるのかって皆知ってる?

 

じゃあココでは、しじみ猫がアルコールを飲んで起こる頭痛の原因や対処法について解説するよ~


お酒を飲んで頭が痛くなった・・・なんで?

しじみ猫

 

人間の体は、体内に入ってきたアルコールを肝臓が分解するようになっているんだ。

 

で、肝臓はアルコールをまずアセトアルデヒドという成分に分解して、次に酢酸、そして最後に水や二酸化炭素・・・と順を追って分解するようになってるんだよね。

 

この肝臓が分解している途中に作られるアセトアルデヒド毒性の強い物質で、肝機能が低下している時や、肝機能の処理を上回る量のアルコールが摂取されたときは分解が間に合わず、アセトアルデヒドが体内を巡ってしまうんだ。

 

アセトアルデヒドは、嘔吐中枢という機関を刺激する作用をもってるから、二日酔いの症状のひとつである吐き気を発生させちゃうんだよね。

 

あと、アルコールが体内に入ると身体は毒素であるアルコールを体外へ排出しようとするんだ。

 

このときに血管が拡張するんだけど、その拡張された血管が頭部の場合は周囲の神経を血管が刺激して・・・『あ~・・・頭が痛い・・』と頭痛になるっていう流れなんだよね。

 

お酒に酔いやすい人で、『お酒を飲むとすぐに頭痛がする・・・』って人は、この状況になっている可能性が非常に高いよ。


二日酔いのメカニズムとは?

しじみ猫

 

更にアルコールには利尿作用もあるんだ。

 

大量にアルコールを飲むと、飲酒量以上の水分が体外に排出されちゃって脱水症状になっちゃう事もあるんだよね。

 

こうなっちゃうと驚く事に、脳の周りにある髄液も減少しちゃうんだ。

 

髄液は、脳とそのまわりの神経の間を埋める、緩衝材の役割をはたしているものなんだけど、これが少なくなると脳と神経が直接接触し、二日酔いの症状である"吐き気"や"頭痛"が発生するって事なんだよね~

 

これが二日酔いになる主な原因なんだよ~

 

メカニズムを知っちゃうと、結構ヤバい事が体の中で起こってるって思っちゃうよね。


二日酔いを予防する方法ってある?

しじみ猫

 

メカニズムばかり解説してきたけど、二日酔いを予防する方法も解説しておくね。

 

まず飲酒後の朝に起きる頭痛対策だよ。

 

人って就寝中に大量の汗をかくっていうのは聞いた事あるよね?お酒を大量に飲んだ後にそのまま寝ると、通常の脱水に加えてアルコールの脱水症状も加わりダブルパンチ・・・

 

つまり、いつもよりも体内の脱水状態が進行しちゃうんだ。

 

さっきも説明したけど、この状態は脳内の髄液も減少するから、頭痛が起きてしまうって事ね。

 

これが二日酔いで起きる頭痛の正体なんだけど、この対策として有効なのは、寝る前に多めに水を飲んでから寝るようする事!

 

これで就寝中に起きる脱水症状(髄液の減少)を防ぐ事が出来るよ。


 

しじみ猫

 

あと、アルコールを分解する肝機能の回復も二日酔い対策になるよ。

 

たとえば肝臓で行われるアルコールの分解にはブドウ糖がエネルギーとして使われるんだけど、大量にアルコールを摂取したら、肝臓に蓄積してあったブドウ糖だけでは不足してしまって、肝機能が低下してしまうんだ。

 

こんな時はブドウ糖を積極的に摂取する事で、肝機能を高める事ができるよ。


二日酔いになってしまった時にできる対処法とは?

しじみ猫

 

二日酔いで頭痛がある時はカフェインを摂取してみてね。

 

カフェインには拡張された血管を収縮する効果があるから、アルコールで拡張された血管を収縮し、痛みを和らげてくれると言われてるよ。

 

ほかにも外側からの処置として、痛む箇所を冷やすことも頭痛の痛みを和らげる効果的な方法なんだ。

 

患部を冷やすことで血管が収縮し、痛みを和らげる事出来るって事ね。

 

参考にしてね~!


 

お酒の付き合いが多い・・・
そんなときは⇒オルニチンサプリランキングをチェック!