オルニチンは肝機能改善に効果はあるの?

オルニチンを摂取すれば肝機能が改善する!?しじみ猫が解説するよ!

オルニチン肝機能改善

 

しじみ猫

 

最近よく耳にすることの多い“オルニチン”。

 

飲み過ぎた翌日はしじみのお味噌汁、というのは定番メニューの一つでもあるよね。

 

「お酒=肝臓にくる」・「しじみ=オルニチン」という印象から、漠然と「オルニチン=肝臓に良い」というイメージを持っている方も多いのでは?

 

今回は、オルニチンは肝機能を改善してくれるのか!?について解説するね。

 

オルニチンと肝機能の本当の関係を知りたい方は必見だよ~


そもそも、本当にオルニチンは肝機能を改善してくれるの?

しじみ猫

 

まず気になるのがここ。

 

なんとなく肝臓に良いイメージのあるオルニチンだけど、本当に肝機能を改善する効果はあるのかな・・・?

 

答えは、期待できる!!って感じなんだ。

 

オルニチンは、まだまだ実験段階だけど、肝機能改善の可能性がどうやらありそうなんだよね。

 

実際、肝機能が要注意レベルの男11名を“オルニチン摂取グループ”と“オルニチン非摂取グループ”の2つに分けた実験があるんだ。

 

結果は、「オルニチン摂取グループの方が、非摂取グループと比べて肝機能の改善が見られた人が多い」というもの。

 

まだこの実験段階では、『オルニチンは確実に肝機能改善効果があります!』というようなレベルのものでもないから過信は禁物だけど、期待はかなり出来そうだよね。

 

でも『なぜこんな結果になったのか?』がしじみ猫は気になったから、オルニチンの効果について調べてみたんだよね。

 

もう少し詳しく解説するね。


なぜ“オルニチン摂取グループ”には肝機能が改善した人が多かったのか?

しじみ猫

 

ちなみに説明しておくと、"オルニチンを摂取した人"と"摂取しなかった人"に分かれているわけだけど、摂取しなかった人にも『これはオルニチンですよ』と言って飲ませてるんだ。

 

つまり、被験者11人全員がオルニチンを飲んでいるものだと思って実験に参加してるってわけ。

 

なので、かなり公平なジャッジが出来る実験って事なんだ。

 

で、実験の仕組みを話したところで本題に戻すよ。

 

「オルニチンを飲んだ被験者には、なぜ肝機能が改善した人が多いのか?」という点、これが気になるよね。

 

これを説明するうえで欠かせないのが「成長ホルモン」だと思うんだよね。

 

オルニチンは肝機能を云々の前に、この成長ホルモンの分泌を促すという作用を持っているんだよね。

 

そして成長ホルモンは、肝機能に働きかける力を持っていると言われているんだ。

 

その作用として「脂質代謝の改善の可能性」や「肝臓にたまった脂肪の分解の可能性」といったことが挙げられるんだよね。

 

これが、今回の実験結果に繋がったのかな?という事なんだ。

 

つまり流れとしては、オルニチン摂取→成長ホルモンの分泌促進→脂質代謝向上・肝臓脂肪の分解→肝機能改善ということが起こった可能性が考えられるということなんだ。

 

その他にも、オルニチンには「解毒作用」も期待されているんだよね。

 

肝臓はアンモニアを無毒な尿素へと変換する代謝回路を持っているんだけど、オルニチンはこの回路の一部を構成するという側面も持っているんだよね。


しじみ猫のまとめ

しじみ猫

 

今回は「オルニチンは肝機能を改善してくれるのか!?と、その仕組みってどうなってるの?」というところを紹介してみたよ。

 

「なんとなく肝臓に良いんだよね。そんなイメージがあるよ」というふんわりした印象から、もう少し深くオルニチンの事に詳しくなってくれたら、しじみ猫は嬉しいな~

 

肝機能に不安がある・・・という方は、積極的にオルニチンを取り入れてみるといいかもしれないよ!

 

参考にしてね~


 

⇒しじみ猫の人気オルニチンサプリ比較ランキングはコチラ!