二日酔いしにくいお酒とは?

二日酔いしないお酒が存在する?そもそもお酒ってどうやって出来ているの?

お酒で乾杯

 

しじみ猫

 

一口にお酒といっても様々な種類があるよね~。

 

味、香り、色、度数など多種多様。

 

その中で、実は二日酔いしにくいお酒の種類があるって知ってた?

 

しじみ猫がたっぷり説明しちゃうね~


お酒の種類は3種類!

しじみ猫

 

お酒はそれぞれ異なる製造方法で作られるって言うのは何となく聞いた事がある人もいるよね。

 

お酒の種類は大きく分けて醸造酒蒸留酒混成酒の三つに分かれるんだ。

 

醸造酒は主に酵母による発酵で作られるお酒で、作成過程で蒸留処理がされていないから、様々なアルコールや不純物が多く含まれているんだ。独特な風味が生まれるのが特徴だね。

 

醸造酒は醸造だけでは均一な品質のお酒を製造するのは難しいから、アルコール度数や風味を調整するために様々なものを混ぜて作るんだ。特にワインは品質を保つために酸化防止剤などが使用されていることが多いよ。

 

醸造酒の代表商品と言えば、ビール・ワイン・日本酒・紹興酒だね。

 

そして、この醸造酒をもとに蒸留してアルコールの純度を高めて作られたものが蒸留酒なんだ。

 

蒸留酒は蒸留を繰り返すことで、アルコール度数をあげることが出来るんだけど、蒸留過程で不純物が減っちゃって、風味も下がっちゃうんだよね。

 

蒸留酒の代表商品と言えば、ウォッカ・ジン・ラム・テキーラだね。


 

しじみ猫

 

ちなみに大学生が集団で酔い潰れて、歌舞伎町の旧コマ劇場前に倒れてた時に使われたのも、スピリタスっていうウォッカだよ。

 

最後に混成酒なんだけど、醸造酒や蒸留酒を原料にして薬草や香料、果実を加えて味や風味をつける製法で作られたものが混成酒なんだ。

 

混成酒の代表商品と言えば、梅酒・リキュール・みりんだね。

 

じゃあお酒の種類の解説も終わった事だし、お次は"二日酔いしやすいお酒"と"そうでないお酒"について解説していくね。


二日酔いしやすいお酒とそうでないお酒の違いとは?

しじみ猫

 

さっき説明した3つの種類で、二日酔いになりやすいお酒は醸造酒混成酒なんだ。

 

おさらいしておくと、醸造酒はビール・ワイン・日本酒が主で、混成酒は梅酒・果実酒・リキュール等だよ。

 

じゃあなぜ醸造酒と混成酒は蒸留酒に比べて酔いやすいのか?それは製法の過程で不純物が多く含まれているからなんだよね。

 

アルコールを体内で分解する役割を持っているのは肝臓なんだけど、肝臓はアルコールだけでなく様々な成分を分解してくれるんだ。

 

でも同時にいくつも処理することは出来ないんだよね。

 

カンタンに言えば肝臓が、蒸留酒を処理する場合は1種類の処理で済むけど、醸造酒と混成酒は一気に2種類以上を処理しなければいけなくなるって事なんだ。

 

結果、肝臓での処理に時間が掛かって、悪酔いや二日酔いがおきてしまうって仕組みなんだよね。


特に気をつけるべき二日酔いしやすいお酒の特徴とは?

しじみ猫

 

赤ワインには頭痛の原因といわれているヒスタミンやフーゼル油、メチルアルコール、チラミンが微量だけど含まれているんだ。

 

適量であれば摂取しても問題ないけど、これらに過剰に反応する体質だった場合、二日酔いによく似た症状が出てしまって、結果として二日酔いに悩まされる気持ちになったりもするよ。

 

あと、炭酸が入っているお酒も酔いやすいといわれているね。

 

炭酸の発砲により胃が押し広げられた上に、シュワシュワと刺激されることで、アルコールの吸収が早まることが原因みたい。

 

という訳で、お酒は製造方法により種類も酔いやすさも違うんだ。

 

いつも二日酔いに悩まされている人は、飲むときに酔いにくいお酒を選んで飲んでみてね~


二日酔い対策で売れまくり!!
一袋忍ばせておいて、飲み会前に飲む!これで対策はバッチリだよ~

レバリズム

⇒しじみ猫の人気オルニチンサプリ比較ランキングはコチラ!